日頃の思いを電報に込めて伝えよう!

結婚式に電報でお祝いを送る

結婚式は誘われたら断ってはいけないものとわかってはいても、遠方で働いていると、仕事でどうしても参加できないことがあります。
そんな時に活躍してくれるのが電報です。
電報というと昔のものや某テレビ番組の祝電や代表取締役級の人しか使わないように思われるかもしれませんが、これがなかなかいいものなのです。
テレビ番組でみたようにかわいいヌイグルミのものもありますし、華やかな風船と一体化しているものもあるのです。
バルーンの場合、式場の雰囲気と合っていないと迷惑になるかもしれないという不安もありますが、他にはブリザートフラワー、写真立てなどもあります。
手紙も書かない昨今、文章を何書いていいのかわからないと思うでしょうが、参考文章もありますし、お二人ならではの言葉を考えることはいいものです。
参加できればそれが一番いいのですが、電報を送るという形で結婚式に参加し、ただ参加するより、心をこめたメッセージを伝えましょう。

結婚式のお祝いに電報を送ろう!

現代では電報を送る機会はかなり少なくなりましたが、結婚式などお祝い事のための電報はまだまだ需要があります。
新郎新婦とその親族をお祝いするために送りますが、結婚式場へ届けられて、タイミングによっては申し込み当日に届けることも可能な点が手紙との違いです。
結婚式に招待されたが欠席の返事をしたとき、出席するはずだったが当日になってやむを得ず欠席するときに送ると義理を欠かすことがなく、新郎新婦にもよろこばれます。
電報は、電話やインターネットで申し込むことができ、基本的に使用する台紙と文字数で料金が決まります。
文面については、オリジナルの文章を送ることができるのはもちろん、あらかじめ決められた文章も用意されているので、それを使うのも手軽です。
一般的なタイプのほかに、小さな人形(ぬいぐるみ)がセットになったものや、少し豪華な収納箱が付属したタイプなどもあります。
手書きの文字やイラストなどは載せられません。

recommend

最終更新日:2016/10/17

『電報 結婚式』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yfk52o3u/public_html/cca-manila.com/wedding.html on line 59
copyright(c) 2015 「気持ちを電報に込める」 all rights reserved.