日頃の思いを電報に込めて伝えよう!

ビジネスに適した電報は相手の情報を得てから書くもの

取引先となる企業に電報を送る際には、その相手企業の近況を確認してから内容を決めておくと、相手の方々からも丁寧な文章だと感じてもらえます。
もし相手企業が最近になって新しいビルを建てたり、新しい店舗を開いたばかりだというのであれば、落成や開店のお祝いのメッセージを添える様にしましょう。
新社屋のご竣工といった文字が少し入っているだけでも、しっかりと近況を確認してくれているのだと相手企業の方が受け取ってくれるものです。
その電報を受け取る方がどういう人かはっきり分かっているのであれば、昇進や退任などの情報も仕入れておく事で、ビジネスに適したメッセージを添えやすくなります。
相手の方が昇進をする度に栄転のお祝いを届けておくだけで、こちらの気分を良くしてくれる素晴らしい人だと思ってもらえることでしょう。
喜ばしい事が相手にあれば直ぐにお祝いをするというのも、ビジネスを上手くいかせる為には重要な事だと考えてください。

ビジネスシーンでスマートにメッセージを送る電報

電報は、昔ながらの電信サービスとして広く利用されてきました。
弔事や式典、就任・昇進祝い、創立記念祝い、開店祝いなど、ビジネスシーンでもお世話になっている取引先や関係者に、気持ちを伝えるメッセージを送る機会は数多くあります。
電報のメリットは、最短で即日から迅速な配達ができるため、急な場合にも対応でき、格式ある形でメッセージを届けられること、送付にかかる費用も比較的安く抑えられ、インターネットからも注文できるので、手間がかからず、手軽に利用できることです。
デザインも多様になり、シーンや格式に合わせて選ぶことができます。
またメッセージだけでなく、フラワーアレンジメントとともにメッセージを届けたり、弔電には、線香・ろうそくを添えることもできます。
法人向けのサービスもあり、利用機会の多い企業で法人登録をすれば、利用頻度に応じた割引が受けられ、経費削減にもなります。
様々なビジネスシーンで、手紙を書くのは面倒だが、Eメールで済ませてしまうのは味気ない、そんな時に電報はスマートにメッセージを送れる重宝な手段といえるでしょう。

check

2016/6/24 更新

『電報 ビジネス』 最新ツイート

@ykm55hrthk

パソコンや携帯はマフィアなど一部のビジネス系しか持ってないです。主なやり取りは文通、電報。映画やカメラはフィルムならあります🎞

1日前 - 2017年10月19日


copyright(c) 2015 「気持ちを電報に込める」 all rights reserved.