日頃の思いを電報に込めて伝えよう!

電報で繋ぐ、あの人と私の心と心

結婚式、お葬式、就任式、離任式・・世の中には様々な式典がありますが、届いた時に心がホッと温かくなるのが電報です。
事情により式に出席できない状況に置かれることもあり、祝福の気持ちやお悔やみの気持ちを持ってはいても、それを直接伝えられない現状を残念に思う時があります。
お会いして言葉を交わし、目を見ることで気持ちを伝えたいものです。
それが叶わない時、電報は私たちの気持ちを代わりにお相手に届けてくれる大切なツールではないでしょうか。
戦時中から用いられてきたこの方法ですが、戦地に居る子供たちが母親にあてて書いていた頃は、文字数も少なく字体も限られていましたが、それでも送られてきた文章に、安らぎの心を持った母たちはたくさんいたことでしょう。
時代は流れて現在、その種類も形も大きく変化しました。
人気のキャラクターをあしらったものや、風船や人形、ガラス細工と共に相手に届けることができるタイプの商品も出回っています。
届いた文字や相手のセンスに微笑み、何よりその気持ちに感謝する受け取り手の思いがあります。
直接でなくとも、自分の気持ちを届ける大切な方法として電報は今も多くの人の笑顔を引き出しています。
心と心の繋がりを思いながら活用していきたいツールです。

電報の使い方を知っていますか

電報は電信を使用する事で文書を配達する事が出来るサービスです。
電話が普及するまでは緊急性のある連絡手段として多く使用をされて来たサービスです。
しかし電話が普及すると、緊急性のある連絡手段として使用される事は一気に減ったと言えるでしょう。
現在では携帯電話もありますし、インターネットを使用したメール等が手段として多く使われるようになりました。
ただし全く消えたという事も無く、冠婚葬祭で多く使われるようになっています。
例えば祝電や弔電等に一般的に使用されているのが現状でしょう。
ただ使用をする際に分からない事も多いかもしれません。
例えば必要な情報として、届ける場所は何処か、例えば冠婚葬祭ならば、会場の住所や部屋等も伝えた方が良いでしょう。
さらに祝電では新郎に向けてなのか、新婦に向けてなのかをつける必要もあります。
この時に注意したいポイントとして、新婦に宛てる場合ですと旧姓にしなければなりません。
そして電報を届ける日や、文面が必要となります。
祝電の文面についですが、オリジナルも良いですしNTTが用意してくれている文例もありますので、自分の希望や都合に合わせて選ぶようにしましょう。
社会人になると必要になるサービスですので、やり方を把握しておいても良いです。

『電報』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yfk52o3u/public_html/cca-manila.com/index.html on line 55

注目サイト

亀有 ヘッドスパ
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000113890/
東大阪 リフォーム
http://syouken.jp/
縮毛矯正
http://syukumou.jp/
恵比寿 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000142132/
埼玉 外構工事
http://exterior-kangaru.com/

最終更新日:2015/7/3

copyright(c) 2015 「気持ちを電報に込める」 all rights reserved.